【受付時間】9:00〜18:00(定休日曜・祝日)

暮らしが変わる!キッチンのリフォーム費用相場と選び方ポイント

 
この記事を書いている人 - WRITER -

お住まいのリフォームで「やっておきたい」と思われることの多い「キッチン」。

 

毎日使うところだからこそ、快適さと楽しさを感じられる空間へリフォームしておきたいですね。

 

そこで今回は、キッチンリフォームで気になる費用相場や、素材や設備の選び方についてお話していきます。

 

1: キッチンの種類別リフォーム費用相場とは

キッチンのリフォームと言っても、種類によって費用相場が変わります。

 

(1)戸建てキッチンリフォームの費用相場

まず、目安として戸建てキッチンのリフォームで選ばれる価格帯をお話します。

 

おおむねベルズへご依頼いただく方の場合、以下のようになっています。

 

  • 1位:100万円~200万円
  • 2位:50万円~100万円
  • 3位:200万円~300万円

 

その後、50万円未満の修繕や、間取りまで大きく変更されるような、300万円以上のリフォームとなります。

 

(2)100万円~200万円でできること

まず一番多い価格帯での工事内容を見てみましょう。

 

この価格帯ではスタンダードクラスからミドルクラスのシステムキッチンの入れ替えが多いです。

 

今あるキッチンの位置とサイズの大きな変更が無ければ、食洗器や浄水器の導入、お掃除機能付きのレンジフードやIHなどハイスペックな設備の交換、食器棚もセットで交換する事が可能です。

 

またキッチンまわりのタイルやパネル貼りはもちろん、壁紙やフローリングの貼り替え等、内装工事も含めたリフォームも十分可能な価格帯です。

 

 

(2)50万円~100万円でできること

今あるキッチンの位置やサイズを変えず、新しいキッチンに入れ替える一般的な工事の価格帯です。

 

スタンダードクラスのキッチン交換が中心ですが、食洗器や浄水器の導入、また内装工事も含めたリフォームも可能です。

 

ワンルームマンション等のコンパクトキッチンや昔ながらのセパレートタイプのキッチンであれば50万円未満で交換できる場合もあります。

 

(3)200万円~300万円でできること

この価格帯になると、キッチンの位置を移動して対面式やアイランド型のスタイルに変更するリフォームが可能です。

 

キッチンの位置が変わる事により、冷蔵庫や食器棚、照明器具の位置等も考慮したお部屋全体のリフォームとなります。

 

また隣接するリビングとお部屋を繋げて大きなLDKにしたい、なんていう今どきのリフォームもこの価格帯になってきます。

 

(4)300万円以上でできること

この価格帯になると、導入するキッチンもハイグレードクラスやオーダータイプになります。

 

単にキッチンというよりは家具というとらえ方の方が分かりやすいでしょうか。

 

例えばキッチンの扉とリビングのTVボードを統一するとか、キッチンからダイニングへと収納を繋げるとか。

 

キッチン交換なのか、家具工事なのか線引きが難しいですが、統一感のあるお部屋全体のリフォームとなります。

 

ベルズの得意とするリフォームです!

 

2: キッチンのリフォーム費用は素材選びでも変わります

キッチンリフォームの費用相場はこのような感じなのですが、リフォームで選ぶ素材や設備によって、費用が増えたり減ったりします。

 

(1)キャビネットの素材

キッチンのキャビネットや取っ手など、意外と費用に影響してきます。

 

大きく分けるとキャビネットには次のような素材があります。

 

  • 天然木
  • 化粧合板
  • 樹脂シート
  • ステンレス

 

同じように見えても、天然木は高くなり樹脂シートは低価格になります。

 

取っ手に関しても、

 

  • 木製
  • 鉄製
  • 樹脂製
  • 真鍮製

 

など種類によって価格が変わります。また、デザインによっても変わります。

 

予算がオーバーしそうな場合は、素材を変更して調整することも考えましょう。

 

(2)キッチンの天板の素材

キッチンの天板の素材にも種類があります。

 

  • 天然石
  • 人造大理石
  • ステンレス
  • タイル
  • 樹脂板
  • 木製カウンター

 

価格的に安価なのはステンレスのエンボス加工です。システムキッチンの標準仕様で傷が目立たないようブツブツのエンボス加工を施しています。

 

同じステンレスでもヘアライン加工やマットな見た目のバイブレーション仕上げは価格が上がります。

 

(3)シンクの素材

キッチンの天板と同じように種類があります。

 

  • 人造大理石
  • カラーステンレス
  • ステンレス

 

天板同様、ステンレスが費用を抑えやすくなります。

 

(4)蛇口の部分の違い

意外にお値段の変わる部分です。

 

一般的なシングルレバーの他に、ハンドシャワー付きや浄水機能付きのタイプなど。

 

少々お値段は張りますが、最近ではセンサー付きのタッチレス水栓が人気です。

 

(5)換気扇の違い

大きく分けると昔からおなじみのプロペラファンと筒状の羽根が回転して空気を吸い込むシロッコファンとに分かれます。

 

吸い込む力はプロペラファンの方が強いですが、音の問題、気密性、お手入れのしやすさなどからほとんどがシロッコファンに交換となります。

 

そのシロッコファンにも全自動お掃除機能付きや、音の静かな静音フードなど、その機能により価格が上がります。

 

3: キッチンのリフォーム費用の内訳を知っておきましょう

キッチンリフォームの費用を考えるときには、依頼を考えている業者から見積もりをもらわれると思います。

 

そこで、見積書の内訳を知っておきましょう。

(1)仮設工事

リフォーム工事中に家具や床、壁などに傷がつかないよう養生をしたり、掃除をしたりと間接的な工事費用の事です。

(2)解体工事

リフォームする部分にあるものを取り外して廃棄する費用です。小さな物で、自分で取り外しできるものなら地域のゴミ収集などを活用して解体工事の費用を抑える事も出来ます。

(3)内装工事

キッチンの交換に伴う壁紙の貼り替えやフローリングの貼り替えなどを指します。

(4)設備工事

給水管や排水管などの水道工事の事ですが、更に細かく電気工事やガス工事などを総称して設備工事という場合もあります。

 

4: まとめ

キッチンリフォームは費用によってできることが変わります。また、同じ費用でも素材や設備の選び方で、あなたが思っているようなリフォームを完成することもできるでしょう。

 

今回の内容を参考にして、あなたが快適に楽しく暮らせるキッチンをリフォームで手に入れてください。

 

もし、お近くに気軽に相談できそうなリフォーム専門店が見つからない場合は、遠慮なく「ベルズ」へご連絡ください。

 

リフォームの専門家として、あなたのご予算とご要望を丁寧にお聞きし、最適な提案をさせていただきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© リフォームのベルズ , 2020 All Rights Reserved.