【受付時間】9:00〜18:00(定休日曜・祝日)

浴室暖房乾燥機の後付けの費用感とメリットデメリット

 
この記事を書いている人 - WRITER -

床暖を取り付けておられるお家、結構多いと思います。

 

新築のお家でも、最初から組み入れてあることも多く、お部屋の中での暖房に不便を感じることは少ないものです。

 

しかし、同じお家の中なのに、ついつい暖房機能の必要性を忘れてしまい、生活が始まってから「しまったなぁ~」と思いつつ、

 

我慢できない訳ではないからと10年、20年と経過し、いよいよ冬の気温が辛くなってきた。

 

そんな方もいらっしゃることでしょう。

 

そこでおすすめなプチリフォームが、今回ご紹介させていただく「浴室暖房乾燥機」です。

 

それではさっそくご紹介していきましょう。

 

1: 浴室暖房乾燥機とは

 

浴室暖房乾燥機とは

昭和の頃、某メーカーから「カワック」という商品が登場しました。

 

このころの商品は「浴室乾燥機」と呼ばれているものでして、浴室を乾燥させることでカビの原因である湿気を乾燥させるという大変シンプルな機能の装置でした。

 

もしかすると現在販売されている「浴室暖房乾燥機」も、この頃のものと同じだと思っておられる方、おられませんか?

 

実は現在販売されている、こういった装置は、ほぼすべてと言っても良いくらい

 

・乾燥機能

・暖房機能

・換気機能

 

3つの機能の合わせ技となっています。

 

また最近のタイプでは、暖房だけではなく涼しい風が出るものも。

 

お風呂上がりの扇風機のように、夏の暑い季節にも大活躍してくれるものが登場しています。

 

 

また、女性なら誰もが気になる「お肌の乾燥」。

お肌対策のために「ミスト機能」が付いているものもあります。

 

 

このようにちょっと昔の「浴室乾燥機」に外観は似ていますが、現在の浴室暖房乾燥機には、快適に使える機能が満載なんです。

 

 

浴室のカビ対策だけではなく、体への負担を少なくしてくれたり、お肌の乾燥を防いでくれたりする、そんなうれしいものが「浴室暖房乾燥機」なんです。

 

2: 浴室暖房乾燥機を取り付けたい理由

 

浴室暖房乾燥機を取り付けたい理由

浴室を安全に、快適に過ごせる空間にしてくれる「浴室暖房乾燥機」。

 

この装置を取り付ける理由として多いのがコレです。

 

ヒートショックが怖い

 

従来は浴室の隣にある脱衣場から

 

  • 電気ヒーター
  • 石油ファンヒーター
  • オイルヒーター

 

こういった暖房器具によって浴室を暖めて使っている方がいらっしゃいました。

しかし、これらの暖房器具、水に近いところで使うと感電とか気になりますよね。

 

また、脱衣場の衣類が暖房器具に触れてしまって焦げると大変です。

 

 

こういったことを防ぐために手を尽くしたとしても、浴室の床まで暖めるには時間が必要ですし、暖める時間が長くなればなるほど電気代や灯油代もかさみます。

 

 

このような費用面や安全面から考えて、浴室暖房乾燥機を取り付けるという方が増えています。

 

 

3: 浴室暖房乾燥機のメリットとデメリット

 

浴室暖房乾燥機のメリットとデメリット

それでは浴室暖房乾燥機のメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

■メリット

  • ボタンひとつで浴室の温度が快適になる
  • カビの原因である湿気を飛ばせる
  • 高機能型なら夏でも快適、お肌の乾燥も防げる

 

これらのメリットは、火事への危険度が低い「オイルヒーター」では、実現するのが難しいものばかりです。

 

オイルヒーターの場合、オイルが暖まるまで時間がかかりますので、浴室を使う何時間も前から電気を入れておかないといけません。

 

また、オイルヒーターはオイルの熱で部屋の空気を暖め循環させますので、オイルヒーターを切ってしまうと、再び暖かくするまでにかなりの時間が必要になります。

 

このような不便さを簡単に安全に解消してくれるのが、浴室暖房乾燥機のメリットだと言えるでしょう。

 

■デメリット

  • 先ほどの暖房器具のようにポンと置いて使えない
  • 浴室暖房乾燥機を取り付ける工事が必要
  • 電源工事が必要な場合もある

 

取り付けてしまえば簡単に快適に使えるものなのですが、最初に工事が必要なのがデメリットと言えるでしょう。

 

4: 設置場所には注意が必要

 

設置場所には注意が必要

取り付け工事が必要だけれど、取り付けてしまうと快適で安全な浴室暖房乾燥機。

 

しかし、どうしても取り付けできないこともあります。

 

それは、浴室暖房乾燥機を取り付ける場所に問題があるときです。

 

  • 浴室暖房乾燥機の取り付け位置の近くに照明がある
  • 浴室暖房乾燥機の取り付け位置の天井がフラットではない
  • 浴室暖房乾燥機の取り付け場所の面積が狭い

 

 

また、現在の浴室についている換気扇が、トイレの換気扇とつながっている場合もあります。

 

このような、外からはわかりにくいことがありますので、浴室暖房乾燥機の取り付けを検討されるときには、リフォーム専門業者へご相談いただき、浴室を実際に見てもらうのが正解です。

 

5: 設置に必要な費用と相場はコレ

 

設置に必要な費用と相場はコレ

メーカーや浴室暖房乾燥機のグレードにもよりますし、工事のしやすさによっても費用が変化します。

 

おおよそ、スムーズに工事が終わる場合ですと、高機能な浴室暖房乾燥機を一戸建てに後付けしたとして、約23~30万円くらいがリフォーム費用となります。

 

工事が必要になってくると、本体+工事費をあわせて30~45万円くらいになることもあります。

 

 

このように浴室暖房乾燥機の後付けは

 

・どのグレードの本体を選ぶのか

・工事の具合はどの程度なのか

 

この2つによって差が出てしまいます。

 

ですから面倒なのですが、必ず2~3社のリフォーム業者から見積もりをもらってください。

このとき3社には「同じ条件、同じ機能」を伝えないと、見積もり金額を比較できませんので注意してくださいね。

 

6: まとめ

 

寒い冬の季節、浴室の温度差は体にとって危険な場合もあります。

 

昨今新聞などでも言われている「ヒートショック」は、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす原因にもなると言われているため、こういったリスクはできるだけ早くに取り除いておきたいものですね。

 

 

「あっ!?」と思ったときには、救急車で病院へ搬送され、それからリハビリということもないとは言えません。

 

これからもいつまでも元気に、できるだけ体に不自由が少ないように快適に暮らすためには、今回ご紹介しました浴室暖房乾燥機のプチリフォームがおすすめです。

 

もし、これまでの冬の浴室で「さぶっ!」と言って両腕で自分の体を抱え込まれた経験があれば、お近くのリフォーム専門業者へご相談ください。

 

きっと快適で安全な浴室に変身させてくれることでしょう。

 

当然ですが、ベルズもいつでもご相談可能です。

お近くに相談できるところが見つからない場合は、一度ベルズへお問い合わせください。

 

あなたの生活にあわせた浴室暖房乾燥機と設置方法をお話させていただきます。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© リフォームのベルズ , 2018 All Rights Reserved.