【受付時間】9:00〜18:00(定休日曜・祝日)

BELLS LETTER Vol.14 発行しました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

我が家のリフォーム!

5月なのに「真夏日続出」!!という事で、ここ最近、移動中の車の中で冷房を入れる日も出てきてしまいました。東京では「5月の最高気温の平均値」が過去100年で1位に。世界に目を向けるとスペインでは42.6度を記録したり、インドでは最高気温が50度に迫る酷暑となり、多数の死者が出たという事でした。皆様、体調管理にはくれぐれもご注意して下さい。

さて今回は「我が家のリフォーム」計画のお話です。具体的には子供部屋のリフォームです。現在のマンションに越してきたのが今からちょうど10年前。中古物件を購入し、リフォームをかけました。当時、長男が4歳、長女が2歳で、6畳の和室を子供部屋にしました。押入を2段ベッドに、収納、勉強机は壁に造作し、なるべく部屋を広く使えるように計画。(写真参照)


当時の施工事例はコチラから 神奈川県藤沢市辻堂西海岸 S様邸

そんな子供部屋で過ごしてきた二人も今や中学2年と小6。最近ではお互い習い事で朝起きる時間や寝る時間も変わってきたり、些細な事でけんかになったりと、同じ部屋でストレスを感じる場面も出てきたようです。男同士、女の子同士であれば今のままでもありかなと思いつつ子供部屋分離計画を考案!ここで皆さま「就寝分離」という言葉をご存じでしょうか?これは「食寝分離」(食事室と寝室を別に設ける事)と共に提唱された住宅計画の原則です。住宅空間を最小限に縮めようとした場合、人間性を守る為に尊重されなければならない機能の一つで、両親と子供、性別の異なる子供同士の寝室は分離するという考え方です。日本で最初に庶民の住宅に目を向けた、京都大学の西山 夘三(にしやまうぞう)先生という建築学者が戦後復興期に理想とする住まいづくりがどうあるべきかを示した提案で現代の住宅計画の指針となっています。昔はちゃぶ台でご飯を食べた後、それをあげて、そこに布団を敷いて家族全員で寝る。そんな暮らしが普通だったんですね。話がだいぶそれてしまいましたが、このような考え方にも後押しされリフォーム決行です!

さて今回の工事、子供部屋だからという訳ではありませんが、なるべくお金をかけずにと計画。二段ベッド(はしごも使っちゃいます!)はもちろん、勉強机のカウンター、壁面収納の扉、棚、解体した間仕切り壁の下地まで、使えるものは何でも使っちゃいます!マンションの3階なので階段で廃材を下ろしたり、新たに建材を運び入れたりといった手間も減らせて一石二鳥のエコリフォーム!?間取りに関しても、子供たちの意見を取り入れつついいプランが出来上がりました!けんかをしても一人きりになれる部屋が出来れば、別々に分かれてお互いの気持ちを休める事も出来るし、逆にお互いの部屋に訪問して仲良くできる機会も増えるかも!?そんな期待を胸にこれから3週間ちょっとの工事になりますが、完成が楽しみです!この工事の様子は次回皆様にご報告出来ると思いますのでお楽しみに!

思いの詰まった子供部屋の解体された状態。ちょっぴり寂しさが残ります・・・

 

 

梅雨


6月、気分がさえない梅雨の時期です。平均1か月半くらいの間続きますが、この時期何となく憂鬱、気分がすぐれない方は少なくないと思います。低気圧によって雨がもたらされますが、この気圧配置で大気中の酸素が少なくなる時期は副交感神経(体の疲れを回復させ、主に睡眠時に優位に働く)が刺激されやすくなると言われています。つまり身体全体が「休息モード」に近い状態になるわけです。梅雨時期に限らず、雨の時は何となくやる気が出ないなぁ~と感じた事のある方、これは気分だけの問題ではなかったのです。さらに梅雨時は片頭痛がひどくなるという方。実はこれも自律神経のバランスが崩れる事から生じる梅雨ストレスの一種として考えられます。梅雨時期には実に7割以上の人が体や精神面で何らかの不調を感じているそうです。ここでこの梅雨ストレスを軽減させる対策をご紹介します。
①温めのお風呂にゆっくりつかる。
じめじめ湿度が上がる梅雨時期は、クーラーを使う人も多いと思います。職場でも自宅でも室内でずっとクーラーの効いた空間にいると身体が冷えてしまい、自律神経のバランスが乱れてしまいます。あまり高い温度のお湯につかると交感神経が優位になりすぎてリラックスできません。38~40度程度の少しぬるめのお湯がおススメです。
②室内を明るくして日光浴。
梅雨時期は日照時間が少なく、暗い日が続きます。健康な人でも気分が落ち込みやすくなり、うつ病になる人が増える時期でもあります。朝起きたらカーテンを開け、明るい電気をつけ、室内を明るく保つようにしましょう。この方法はシンプルですが、実際にうつ病改善の為に使われている方法でもあります。また、少しの晴れ間や曇りの時でも日光浴をして、不足しがちな脳内物質セロトニン(心身の安定や安らぎに深く関係する)の量を増やしましょう。
③軽めの運動。
何となく体がだるいという時は、ウォーキングやストレッチなど軽めの運動が効果的です。血流が良くなり、頭の中がスッキリして、身体も軽く感じるようになります。さぁ~これらを実践して不調を軽減させ、心地よく梅雨を乗り切りましょう!

 

 

編集後記

冒頭にご紹介しました通り、先月は我が家のリフォームの事がありバタバタと慌ただしい状況で、先月発行を予定していましたベルズレターも創刊以来初めて発行遅延という事態になってしまいました。ただこちらが皆さまのお手元に届くころには通常モードになっていると思いますのでご安心くださいませ。
さて今回の自宅リフォームで感じた事(再確認した事)は住みながらの工事の大変さです。今までも工事する側の立場としては十分分かっていたつもりでしたが、初めてお客様の立場になってそれを実感(経験)しました。その点で、本当にいい経験が出来たかと思います。この経験を活かして、リフォーム中のお客様への気配り、生活の配慮などを今一度見直さなければと身の引き締まる思いです。という事で次回のベルズレターは9月発行予定です!

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© リフォームのベルズ , 2015 All Rights Reserved.