家の外壁を塗装する時期や季節でこんな勘違いをしていませんか?

投稿日:2018年10月16日

 

「近くの工事がなくなったので・・・」

 

あなたのお家にもやってきたことはありませんか?

あなたのお家の電話に掛かってきたことはありませんか?

 

昨今、外壁塗装の電話セールスや飛び込みセールスが増えています。

 

近くで予定していた工事がなくなったので、今日なら格安で工事できます!

 

足場代もいりませんので、とにかく今から足場を組ませてもらっていいですか

 

こういうトークで切り込んでこられる業者さんも多いようです。

 

でも、こういった外壁塗装工事に振り回されないでください。

 

今回はリフォーム専門のベルズが、外壁塗装リフォームについてお伝えしていきます。

 

1: 家の外壁塗装のリフォームは何年くらいでするべき?

 

家の外壁塗装のリフォームは何年くらいでするべき?

家をよく見ると、外壁に小さなヒビがある。

雨漏りしないかと一度でも心配になると、先ほどのようなセールストークにくらっとしてしまいます。

 

しかし、次からお話することを覚えておいてください。

そうすると、おかしな業者に惑わされることがなくなります。

 

まず、よほど大きなひび割れが起こっていないなら、少しの雨で雨シミができるようなことになっていないなら、今すぐ外壁塗装をする必要はないでしょう。

 

お家の建て方や気候にも左右されますが、新築の場合おおむね10年目が外壁塗装を行う目安になります。

 

また、あなたのお家の外壁に使われている塗料によっても、最大10年以上の差が出てきますので、お家を建設されたハウスメーカーや工務店さんに、どのような塗料が使われているのか確認するのがよいでしょう。

 

 

このように外壁塗装の耐久性は、使用された塗料のグレードや施工の丁寧さに大きく影響されます。

 

ですから「外壁塗装しないと大変なことになりますよ!」と言われても決してあわてないでください。

 

おそらくその人は、あなたのお家の状態がわかっているわけではありません。

単に築年数を想像して言っているだけです。

 

 

施工の状態、外壁の状態。

 

両面から見てこそ、外壁塗装のリフォームが必要かどうかが判断できます。

そのためには、おかしな飛び込みセールスにお願いするのではなく、外壁リフォームの経験がある専門家にチェックからお願いするのがおすすめです。

 

2: 家の外壁塗装にピッタリな季節とは

 

これも良く聞かれることです。

 

確かにおもしろいくらい、梅雨時期に外壁のメンテナンスが多いです。

 

でも、気温が低い(5度以下と言われています)、湿度が高い(85%以上と言われています)ときには塗装は向きません。

 

ですから外壁塗装にピッタリな季節として言えるのは

 

」「

 

となります。

 

「夏」も可能ですが、外壁塗装をしている工事期間、窓を開けられないためエアコンが必須となります。

工事によってはエアコンを使うことができない場合もありますので、そんなことにならないか最初に確認しておきたいですね。

 

 

「梅雨」と「冬」は費用が安くなることが多い季節です。

しかし「梅雨」は、雨の季節ですから工期が延長される場合もあります。

 

「冬」は積雪などがある地域では、工事をするのが難しくなります。

 

 

また最近では、ゲリア豪雨や大型台風などの影響が多いため、季節を問わず工事期間の予測をすることが難しい部分もあります。

 

あなたのお家の地域や気候にもよりますので、地元のリフォーム専門家に相談してみてください。

 

こういうことは地元の人間でないとわかりません。

 

3: 家の外壁塗装のリフォームは「いつするか」よりも「どこに頼むか」が重要

 

このように外壁塗装のリフォームは、どこから来ているのかわからない、値段だけで勝負しているような業者さんにお願いすることはできません。

 

地元の気候や季節の移り変わりを理解し、工事に適した季節や、気候に合わせた塗料の選択ができないと、結局は数年で外壁塗装のやり直しを行うことになってしまいます。

 

また、外壁塗装の工事は1日や2日では終わりません。

あなたのお家のベランダにも入り工事を行います。

 

ということは、長くつき合え信頼できるところでないと、工事期間中かなりのストレスを抱えた状態になることが想像できます。

 

ですから、お家の外壁塗装のリフォームを行うときには

 

「いつするのか」

「いくらなのか」

 

この2つは重要ですが、「どこに頼むのか」も同じくらい大切な要素となってきます。

 

 

そして「どこに頼むのか」は、塗装が終わってからのフォローやサポートにも影響してきます。

 

工事をやって終わりでは、外壁塗装は困ります。

塗装が終わった後、台風がやってきて雨漏りした場合「知らない」で困るのはあなたです。

 

きちんとした調査。

きちんとした見積もり。

きちんとした工事。

 

さらに、きちんとした「フォロー」。

 

こういった部分が信頼できた上で、費用と季節を相談してもらいたいと思います。

 

4: まとめ

 

「値段が安いから頼んだ。」

 

訪問販売を頼んだ理由として、このような話を耳にすることがあります。

 

しかし、よくよく聞いてみると

 

  • 値段が安い代わりに工期が長かった
  • 最初に言っていた工事では対応できないからと追加工事になった
  • 作業が雑で勝手に室外機を動かして放ったらかし

 

こういった状態を経験すると、せっかくお金を払って家の外壁を美しくしても、何か素直に喜べない感情がわき上がってきます。

 

外壁塗装のリフォームは決して安いものではありません。

ですから、あなたの大切なお金を「気持ちよく」なれるように活用してもらいたいと思います。

 

その為には、あなたの地域の気候や季節の移り変わりを知っている、地元のリフォーム専門店に相談されるのが一番です。