IKEAと無印良品で収納リフォーム!

投稿日:2016年09月12日

収納の造作工事って意外にコストが掛かるってご存知ですか?
収納したい物に合わせて細かく仕切りを入れたり
可動棚や引き出しが欲しいなど、
ご要望通りにプランするとすぐに10万、20万円なんて事も。
(収納内部だけの金額です。)

そこで活用したいのが量販店で入手できる収納ケースです。
この収納ケースはベーシックな商品なので
仕様変更もあまりなく、寸法体系も一定なので
そのモジュールに収納の大きさを合わせれば
安く効率よく機能的な収納が設けられます。

クローゼットをローコストで作るのであれば、
まずは無印良品が候補に挙がります。
引き出し式のポリプロピレンクローゼットケースが最適です。

4547315276936_02_400
無印良品ポリプロピレンクローゼットケース

上の写真のようにハンガーパイプにかけられた衣類の下に
ポリプロピレンクローゼットケースを設置すれば
たたんだシャツや下着、靴下などを収納できます。

冒頭でもお話ししましたが、造作工事でこのような引き出しを設けると
かなり費用が掛かるので、大幅なコストダウンになります。
外観もシンプルな乳白色なので、どんな仕上げにもマッチします。

無印良品とともに、ローコスト収納用品メーカーの代表格がIKEAです。
IKEAからはSMARASSELという紙製の蓋付き箱のシリーズが販売されています。

%e6%96%87%e6%9b%b8-1
IKEA SMARASSEL

SMARASSELは内容物を示すラベルを挿入できる
ラベルホルダーがついているのが特徴で
サイズは小さいタイプで幅21㎝、奥行き26㎝、高さ15㎝という
写真のようにDVDがちょうど入る大きさで、
その他様々な小物を入れるのに便利なサイズです。

また自分で組み立てる箱であることも特徴です。
購入時にはかさばらず、値段も199円とリーズナブル。
30㎝の本棚にホコリがかぶらないように
小物を収納したい場合などに便利です。

ここで今ご紹介しました無印良品とIKEAの商品を使った
合わせ技リフォームをご紹介します。
クローゼットの下部を正面からと、
背中側の壁面から使い分けるテクニックです。

11111
クローゼットの下部はポリプロピレンクローゼットケースを設置。

22222
クローゼットの裏(反対側)の壁に4段の棚を作り、蓋付き箱を収納。
(写真はKASSETTといシリーズ。残念ながら廃番に・・・)

いかがでしょうか。
この様に予め2つの製品寸法を基準にして
裏側の壁面収納の奥行を決めてリフォームすれば、
デッドスペースの無い機能的な収納になるわけです。
さらに既製品ですからローコースト!

皆さんも既製品を使ったアイデア収納リフォーム
挑戦してみてはいかがでしょうか。