夏の省エネリフォーム!

投稿日:2016年08月07日

梅雨明けしていよいよ夏本番といったところでしょうか。
じっとしていても汗ばむこの時期、
お部屋にいるとエアコンや扇風機が欠かせませんね。
そんな夏真っ只中、暑さでエアコンが効きにくいなんてことありませんか?

夏に室内の気温を上昇させるのは、
ほとんどが外からの熱や日差しによるものです。
その為新築でもリフォームでも「断熱」が重要視されていますよね。
お家の断熱性能が高まれば夏の冷房にとどまらず、
冬の暖房費節約にもつながります。

E786B1E381AEE6B581E585A5

それではどこを断熱してあげればよいのでしょうか。
上の絵を見れば一目瞭然。
実に全体の約73%が窓や玄関といったお家の開口部から熱が侵入しているのです。

住宅エコポイントですっかりおなじみになった内窓(二重サッシ)や
ペアガラス交換はまさに的を得た断熱リフォームと言えますね。

ところで一般的に窓からの日差しを遮ると言えば、カーテンやブラインド。
ただカーテンやブラインドでは一旦は室内に日差しが入り、
熱も入ってしまいます。
そこで最近では室外で日差しを遮る事が出来る
外付けのロールスクリーンやシェードが注目されています。

img_b002025006_02img_b002025006_03
LIXIL スタイルシェード

これなら窓の外で効率的に熱を遮断出来て
エアコンの効きも良くなりそうですね。

内窓と併用すれば、更に断熱性能が上がり
室温コントロールに大いに役立ってくれるでしょう。

次に採風についてのお話です。
夏の室内環境を快適にするには
先程お話ししました熱の侵入を少なくする事と同時に
温まった空気を外に逃して、室外から風を取り込み
室内に風の流れを作る事が大切です。

エアコンをつけるにしても、室内に滞留する暑い空気を
一旦外に逃がしてからの方が冷房効率がいいですよね。

最近では一般的になりましたが
玄関や勝手口ドアを採風タイプに交換する方法があります。
玄関特有の匂いや湿気も室外へ逃がす事も出来ます。

2052
YKKap ドアリモ

こちらは採風・採光シャッターです。
lixil01
LIXIL エアリス

風を採り込みつつプライバシーを確保することができるので、
夏の夜にシャッターを閉めたまま、自然の風でゆったりと涼むことも。
また、ほどよい光を取り込みつつ直射日光を遮ることができ、遮熱効果も。

さらにお家の開口部だけではなく室内の通風も考えます。
室内ドアに開閉できるランマをつける事で、ドアを開けなくても通風出来ます。
img_a004003003003_03

ルーバータイプのドアなどもありますので
使い勝手やお好みに応じて室内ドアも採風仕様に変えられます。
img_a004003003003_01

いかがだったでしょうか。
今回は真夏の省エネという視点からリフォームプランをご紹介しました。

日本には四季があり、暑い夏と寒い冬が交互にやってきます。
エアコンなど空調設備で対処するのはもちろんですが
住まいの性質や特徴を知り、そこにひと工夫のリフォームを施す事で
暑さ・寒さへの対応がよりしやすくなります。
結果、省エネにつながりますよね。

今年もこれからが夏本番です。
住まいの性能に少し目を向けて、室温を上げる原因となっている
熱や日差しを緩和し、自然の風を活用する、
かしこいリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。