横長リビング・縦長リビング

投稿日:2016年07月09日

今回はリビングの間取りについてのお話しです。
リビングの間取りには大きく分けて二通りあります。
横長のタイプと縦長のタイプです。

リビング間取り

横長リビングというと、マンションのモデルルームでよく目にしますが
そのメリットは何と言っても明るく開放的なリビングダイニングになる
という事です。
リビングとダイニングが共に南面に面して
最近のマンションでは全開口のワイドサッシなどが入っていますよね。

横長リビングリフォームのイメージ
7353bb96a52abbb81050b928769f70ec>

一方、縦長リビングはリビングのみが南面に面し、
ダイニングはその奥にあるレイアウトです。
必要な時にリビング横の居室の引戸を開けて一体として使う事が出来ます。

リビングリフォームを検討されるお宅に多いのがこの縦長リビングです。
図面では洋室となっていますが、和室の場合も多く
リビングとつなげて一部屋にしたいというパターンが多いです。

縦長リビングリフォームのイメージ
d0c41d9b3d04bd6b950556f4c4c0f9f2

弊社で施工しました縦長→横長リビングの施工事例です。
神奈川県藤沢市辻堂西海岸 S様邸
神奈川県茅ケ崎市香川 T様邸

縦長リビング拡張の施工事例です。
神奈川県茅ケ崎市赤羽根 S様邸

この様にリビングを大きくしたいというのは自然な発想ですよね。
ここでリフォームのご要望が多い縦長リビングのお宅について
考えたいと思います。ポイントはリビング横の居室の使い方です。

まだお子さんが小さいうちは子供部屋として使い、
中高生になれば独立した勉強部屋が欲しくなります。
お子さんが独立し、ご夫婦二人になれば書斎など、趣味のお部屋や
家事スペースとしてリフォームする選択肢もあります。
この場合は縦長リビングをそのまま生かした方が良さそうですよね。

この様に横長リビング、縦長リビングどちらにするかは
時間と共に変化するご家族のライフサイクルも意識する必要がありそうです。
すると、ある時期は縦長リビング、また別の時期は横長リビングがいい
と思うかもしれません。
こんな時はどちらの時期がご家族にとって重要か話し合う必要があります。

お子さんが巣立つまでの数年間がとても重要だ
と考えられるご家族もいらっしゃれば
ご夫婦二人でゆっくりと過ごすセカンドライフが
重要だと考えられるご家族もいらっしゃいます。

これらをじっくりと話し合ううちに、
将来のご家族の姿がイメージでき
理想のリビング像が見えてくるでしょう。
ちょっと話がそれてしまいましたが
あなたは縦長リビング派?それとも横長リビング派?