子供部屋のレイアウト!

投稿日:2015年06月07日

前回ご紹介しました子供部屋分離リフォームの続編です。

今回はプランの検討です。
子供部屋を考える時、まず頭に浮かぶのがベッド
(布団でしたら問題ないのですが・・・)の配置です。
一番大きくて頭を悩ませます。
次に勉強机、収納ラック等といったところでしょうか。

クローゼット(衣類等)も子供部屋に限らず当然必要ですの
頭に入れておかなければいけませんね。

今回のS様宅の子供部屋ですが
隣り合うキッチンとの間仕切壁を移動して広げたとしても
二部屋で8畳、一部屋で4畳ほどの広さしか取れません。

4畳の部屋に、ベッド、机、クローゼットを入れたら
たちまち足の踏み場が無くなってしまいます。

そこで、既存の二段ベッドに注目!
再利用です!
平面が狭ければ空間の縦使いです。
ロフトベッドの発想ですね。
これで半畳分のスペースで寝床を確保できました!

ビフォーアフター_edited-2

後はクローゼットと机を壁に配置。
奥行を合わせ、なるべく凹凸を無くしす事で
出入口からベッドまでのスペースを有効に使えます!

ここで一般的な6畳(クローゼット含む)の子供部屋と比較してみましょう!

比較_edited-3

床面積を比べるとS様邸は二部屋で8畳(13.2㎡)に対して
一般的な子供部屋は6畳×2=12畳(20㎡)、S様邸の1.5倍です。

しかしどうでしょう。
全ての家具を配置した後、フリースペースとして
使えるエリア(青色の点線で囲った部分)は
ほぼ変わらないか、S様邸のほうが若干広いのです。

一般的な6畳間は家具のレイアウトにより変わりますが
ベッドや机を配置した時の凹凸、
出入口ドア部分のデッドスペースなどにより
フリースペースが確保しづらいのです。

ですので、お部屋が狭ければ狭いほど家具、収納等の
レイアウトは、新築はもちろんですが、
リフォームする際もしっかり計画したいところです。

子供部屋ビフォー_edited-1

という事で、子供部屋分離リフォームいよいよ着工です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

解体作業が始まり間仕切り壁が取り払われました。

さて、今回のリフォーム工事、ベッドはお話ししましたが
使えるものは何でも再利用しちゃいます!
ベッドのはしご、勉強机のカウンター、壁面収納の扉、棚、
解体した間仕切壁の下地材まで・・・

現場はマンションの3階なので、階段で廃材をおろしたり、
新たに建材を運び入れたりといった手間も減らせます!

リフォーム後_edited-2

こちらが完成予定パースです!
完成後は施工事例にてご紹介いたしますのでお楽しみに!
完成した子供部屋分離リフォームの施工事例はコチラから!