小上がりのダイニング!

投稿日:2015年04月19日

前回ご紹介しましたLDK改装工事の現場ですが
大工工事もいよいよ大詰め、
お客様がご要望されていました小上がりも完成し、
残すところ、ダイニングテーブルの取付のみとなりました。

計画の段階から小上がりの寸法(特に高さ)に関しては、
お客さんと意見交換を繰り返し、
最後まで頭を悩ませた部分でもありました。

「小上がり」というと、パッと居酒屋や小料理屋の
お座敷をイメージしますよね。
その昔、日本では武家時代から高温多湿な気候に合わせて
床を地面から離し、土間から小上がりで居間に上がるスタイルでした。

それが最近では、お部屋の中に別の空間を作る方法として
この小上がりが良く使われますよね。
よくあるのが、リビングの一角に作る畳コーナーだとか・・・
畳の下を収納にして空間を有効に使う事も出来ますしね。

さて、お話を戻しますがこの小上がりの高さ、
一般的には30~35センチ位が多いようです。
これ以上になるとステップ(階段)を設けないと
上り下りがきつくなってきます。

ただ今回は、小上がりのホッとする落ち着き感を生かしつつ、
ダイニングテーブルを囲う椅子の役割も考えなくてはいけません。

となると、一般的な椅子の座面の高さは?
人間工学上の計算式があります。
身長から「最適な座面高」「最適なテーブルの高さ」を求めます。
座面高=身長×0.25-1
テーブルの高さ=身長×0.25-1+身長×0.183-1

例えば、身長170センチの人の最適な座面高は41.5センチ。
テーブルの高さは71.61センチとなります。

ただ、人によって「心地イイ」と感じる高さは微妙に違います。
計算式はあくまで目安。

実際に座って、テーブルに肘を置いて、
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テーブルはセンチ刻みで大工さんに仮止めしてもらい
お客様に確認していただきました。

その結果、小上がり40センチに対してテーブルは
ちょっと低めの68センチに決定しました。
お客様にも笑顔で納得していただき、「ホッ」としました。

高さが決まったところでテーブルを固定します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

作り付けですので脚は一本!
コの字に何人か座っても出入りがスムーズで、ゆったりくつろげますよね!

さて、テーブル設置を終え、大工工事も完了して工事も折り返し地点。
この後、キッチンの据付、内装工事と続いていきます。
それではまたご報告いたしますのでお楽しみに!